岩手町SDGs未来都市共創プロジェクト「未来の教室」に関東の企業が協力参加

(有)ラウンドテーブルコム サステナビリティ推進室、国際的学習プログラム研究委員会SDGsポイント研究所@ジャパンが推進しているボトムアップ型SDGsプロジェクトの支援活動の一環として、岩手町SDGs未来都市共創プロジェクト「未来の教室」に(株)アイネスシナネンホールディングス(株)大日本印刷(株)の協力を仰ぎ、岩手町の市民及び岩手県立沼宮内高校の生徒達とSDGsプロジェクトの本気の取り組みを紹介していただいた。

2021年7月4日(日)には公募で集まってもらった、岩手町の市民の方々向けのワークショプで、2021年7月5日(月)には岩手県立沼宮内高校の1年生と2年生に対して、各社のSDGsプロジェクトを紹介いただき、その後、どのようにコラボレーションができるかを考えてもらうワークショップを提供した。

(株)アイネス様からは、「岩手町の 石神の丘美術館を中心に、サイバー地域ゲームが作れないでしょうか?是非アイディアを教えて下さい。」というお題をいただきました。
シナネンホールディングス(株)様からは、「岩手町でマイクロ風車を活用するとしたら、どういった場所に設置でき、どんなシーンで蓄電した電気を使うことができるか、アイディアいただければ幸いです。」というお題をいただきました。
大日本印刷(DNP)(株)様から一日目は、「どのような国の子どもたちとどんなワークショップを開催できたら良いと思いますか? 各国の子どもたちにどんなことを聞いてみたいですか?」というお題をいただきました。
大日本印刷(DNP)(株)から二日目は、「林業に対してどんなイメージを持っていますか?どのような 教育コンテンツがあれば 興味関心が高まるだろうか?アイデアが欲しいです!」というお題をいただきました。

企業と教育の現場を繋がり、地域を活性化するプロジェクトが本気で起きる事を期待しています。

立正大学異分野融合型共同研究

2021年度から3年間を目処に産学連携のSDGs共同研究がスタートします。

SDGsに関する活動やゲームの作成などによる啓発活動に参加した生徒の意識の変化を定性的・定量的に検証します。

戸越公園環境施設の活用における SGDs の意識向上に関する研究

研究代表者:立正大学 心理学部 教授 小澤康司

連携研究者・協力者:
(有)ラウンドテーブルコム 代表取締役 柳沢富夫
とごゑの会 代表 杉本将輝
立正大学 経済学部 講師 小林隆史

研究全体統括:心理学部 小澤康司

  • ProjectA :品川区富士見中学校での SDG ワークショップ
    Project 責任者: (有)ラウンドテーブルコム 柳沢 富夫氏
  • ProjectB: 岩手県岩手郡岩手町(2020年度 SDGs未来都市認定)でのイベント開催 
    Project 責任者: (有)ラウンドテーブルコム 柳沢富夫氏
  • ProjectC: 品川区(戸越公園)を中心とする市民向けイベント 
    Project 責任者:「とごゑの会」 杉本将輝氏
  • ProjectD: SDGS 可視化システム&データ分析
    Project 責任者: 立正大学 経済学部講師 小林隆史 氏 
    研究協力先: (株)XSELL  瀬戸山七海 氏
  • SDGsに関わるイベント&ワークショップの開催
  • イベント&ワークショップ前後での意識の変化を定量化(定量化手法の開発)
  • イベントの参加頻度など環境活動の参加等による意識の変化の「見える化」&効果検討
  • SDGs可視化システム&データ解析は、ProjectDが担当する

岩手町SDGs未来都市共創プロジェクト「未来の教室」

2021年度より3年間の予定で、岩手町SDGs未来都市共創プロジェクト「未来の教室」に(有)ラウンドテーブルコムが参画することになりました。

(有)ラウンドテーブルコム サステナビリティ推進室は、国際的学習プログラム研究員会で培ったボトムアップ型SDGsプロジェクト支援活動として岩手町の教育現場で様々なワークショップを提供していきます。

岩手町役場の担当部署は未来創造課と政策アドバイザー、コンサルティング会社(株)シンカも支援体制に入っています。

また、岩手町では(有)ラウンドテーブルコムの開発したSDGsアクティブ・ローカル・ポイント・システム「L-TanQ」の目指す世界にも注目しています。SDGsの見える化を教育現場が中心となり、市民や企業、自治体を巻き込んだプロジェクトを生み出す世界です。町長と教育長に対してプレゼンテーションを行っています。

どんな動きが生まれるか楽しみです。

未来の教室

出版コンテンツ活用 オンラインSDGs PBL学習

組織名:大日本印刷株式会社

投稿者:伊藤紗知代

役職名、部署:出版イノベーション事業部

対象学年:小学生をメインに、中学生・高校生

プロジェクト概要:
日本を含むアジアの子どもたちに対して、日本企業・自治体が実践するSDGs活動に則した、プロジェクトベースドラーニング施策によって、子どもたちの意識の変容を促す啓発ワークショップ等の開催・運営。

プロジェクト期間:2030年目標

SDGs目標:4, 5, 8, 17

プロジェクト成果物:
2030年までに企業・自治体が実践するSDGs活動を授業・ワークショップ施策とし、未来を創る子どもたちに提供し、その子どもたちの意識変容を社会に発信する。
日本を含むアジア各国間で働き甲斐、経済成長を考えていくパートナーシップを形成していく。

教育のDX化

組織名:(一社)モノづくりXプログラミングfor Shinagawa

投稿者:杉本 将輝

役職名、部署:代表理事

対象学年:
小学生から高齢者

プロジェクト概要:
GIGA端末を核に学習だけでなく地域を巻き込んだ教育教材としていく
理事3名とサポーター50人ほど

プロジェクト期間:
2020年から

SDGs目標:1, 3, 4, 8, 9, 10, 11, 12, 16, 17

プロジェクト成果物:
GIGAスクールFAQ
GIGAスクールで業者主導でなく教師が教師であることを啓蒙していく。
あらゆる世代へのリテラシー教育

戸越界隈のくらしをゆたかに

組織名:とごゑの会

投稿者:杉本 将輝

役職名、部署:理事

対象学年:
乳幼児から高齢者まで

プロジェクト概要:
とごゑの会は会長含め8名の理事で運営しています。
・戸越銀座商店連合会と連携して戸越界隈のくらしをゆたかにしていきます。
・映画界「みんなの学校」「あの日のオルガン」の自主上映会
・「あの日のオルガン」から疎開保育の勉強会
・近隣パトロール
・困難を抱える家庭の子供の学習支援
・木育

プロジェクト期間:
2018年から永続的に実施

SDGs目標:1, 3, 4, 6, 8, 9, 10, 11, 15, 16, 17

プロジェクト成果物:
・疎開保育勉強会を通して戦後保育の黎明が戸越にあり、その事実を展示会、映画会で広める
・木育活動のイベント実施、活動報告リーフレット
・困難を抱える家庭の子供の学習支援

リモート修学旅行

組織名:株式会社 近畿日本ツーリスト首都圏

投稿者:金井隆行

役職名、部署:SDGs推進担当

対象学年:
修学旅行が中止になったすべての学生

プロジェクト概要:
コロナ禍により多くの修学旅行が中止になりました。
学校生活の集大成でもある修学旅行を体験せず卒業をする生徒達に、
新しいカタチの思い出となるように「リモート修学旅行」を開発いたしました。
方面は関西と沖縄で、沖縄ではSDGsマップを活用しながら指で修学旅行をイメージしていただき、リモート自主研修をおこなっています。考え方によっては、乗り物も使わず、ゴミも出さず、売れ残ったお土産をQRコードで買い物をするのはSDGsアクションだと感じています。
現在22校2800名の児童・生徒に体験いただきました。
料金:関西¥5,000 沖縄¥10,000

プロジェクト期間:
関西版:2021年3月まで。
沖縄版:2021年12月まで。

SDGs目標:4, 5, 8, 9, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17

プロジェクト成果物:コロナが終息した後も、リアルとオンラインとハイブリット型修学旅行を開発して、環境・社会・経済に配慮した旅行に変化させたいです。

「リーダー・イン・ミー」

SDGsプロジェクト名: 「リーダー・イン・ミー」

組織名:一般社団法人The Global Leadership Impact Fund Japan

役職名、部署:事務局

対象学年:小学校、中学校、高等学校で導入が可能です。

プロジェクト概要:
主体性を育み、他者の多様性を尊重することで周囲と協働できる21世紀の人材を、小学校、中学校、高等学校のうちから育成する教育支援プログラム「リーダー・イン・ミー」を日本の学校に導入できるよう働きかけています。基本的には学校単位で導入し、教職員のリーダーシップ開発、組織活性化、働き方改革、保護者との教育連携をも視野に入れた学校文化の新たな創造を支援します。
導入プロセスは3年間を基本とし、1校当たり初年度約200万円、2,3年目はそれぞれ140万円程度の費用が必要なため、公立学校には社団法人が民間企業や一般から寄付支援を募っています。CSR等、社会貢献、次世代育成のために支援して下さる企業、団体を探しています。

プロジェクト期間:今回は一旦7月中旬までを区切っていますが、その後も継続してゆく予定です。

SDGs目標:4

プロジェクト成果物:日本の子供たちに、一部のエリート層を育成する「リーダー養成」ではなくすべての子どもたちが自分自身のリーダーになるという「自己リーダーシップ」を育み、他者の違いを認めて互いに協働できるよう、学校内のダイバーシティーを尊重する学校文化を作ります。どんな子どもも何らかの才能と可能性をもっていることを前提に、すべての子どもたちが自分の価値と可能性を認め、最大限に発揮できるよう、主体性を育む教育を、学校の教職員と一緒に作ります。

ゼロウェイスト「挑戦!ごみはどこまで減らせるか」

組織名:キッズカレッジSAKUYA

投稿者:日向 治子

役職名、部署:代表

対象学年:小学生親子を中心にしますが、関心のある中学生、高校生、一般の方も参加できます。

プロジェクト概要:
UNUを中心に、SDGsのゴール課題をイノベーションと、世代、セクター、ジェンダーを超えて解決するグループ
参加人数:8家族(親子15名)高校生2名 一般3名
関連団体:山梨マイクロプラスチック削減プロジェクト
     桂川・相模川流域協議会
活動概要:
 生活の中で必ず発生する「ごみ」。
海に流れ出るプラスチックは私たち内陸部からも流れて行くことを学んできました。では、どうしたら流れ出るプラスチックごみを減らすことが出来るのか。子どもたちが真剣に考え始めました。
 地域にめを向けると、大量の生ゴミが焼却され、その費用は莫大なものであること。休耕地が多く存在していること。都会からの林間学校や体験学習にくる人達が多いことなどが見えてきます。
 今までは何となく分別、何となくゴミ出しをしてきました。
資源として活用できるもの、地域で循環できるものがあるのではないでしょうか。
 子どもたちが自分の生活の中で出てくる「ごみ」について体験的に学んでいくことで、本当に焼却するごみがどこまで減らすことができるか挑戦していきます。
 それをスタート地点として、生ゴミなどの堆肥化や有機野菜の栽培など地域循環できるものの可能性を見つけていきます。
最終的には、将来を担う子供達からの「ゼロエミッション・イノベーション」の提案ができることを目指します。

プロジェクト期間:2020年4月スタート
第1期:2020年4月 〜 2023年3月
   (3年を区切りとして継続して行く予定)

SDGs目標:11, 12, 14, 17

プロジェクト成果物:体験を通して、子ども達からの
ゼロエミッション・イノベーションの提案をする

SDGsからの学び高校生の企業連携プログラム(琵琶湖を通じてSDGsを学ぼう)

SDGsプロジェクト名: SDGsからの学び高校生の企業連携プログラム(琵琶湖を通じてSDGsを学ぼう)

組織名:正則学園高等学校

投稿者:本川 太郎

役職名、部署:特活指導主任

対象学年:高校1年生~高校3年生

プロジェクト概要:
本学園の行うSDGsからの学び高校生の企業連携プログラムは、企業の皆さまと共にSDGsの問題意識を共有し、探求活動や取組みに発展させ持続的に解決に取組むプログラムです。参加生徒16名は、コクヨ株式会社、近畿日本ツーリスト首都圏の皆さまにご協力いただき様々なアプローチでSDGsの学びの機会を設けていただいています。その中でコクヨReEDEN Projectへの参加は、株式会社コクヨ工業滋賀の長期にわたる琵琶湖の環境保全活動への取組みを学ぶことができ、遠隔地にある本学園で何ができるのかを考えることにも繋がると考えます。また、実際に2月実施の琵琶湖葦狩りへ参加することで、地域一体となった環境保全活動とは何かについても学んでもらいたいと考えます。

プロジェクト期間:2019年6月~2020年3月

SDGs目標:6, 12, 14, 15, 17

プロジェクト成果物:コクヨ工業滋賀工場見学・滋賀研修(宿泊)から2020年2月に実施されるコクヨReEDEN Projectの琵琶湖葦狩りへの参加。