立正大学異分野融合型共同研究

2021年度から3年間を目処に産学連携のSDGs共同研究がスタートします。

SDGsに関する活動やゲームの作成などによる啓発活動に参加した生徒の意識の変化を定性的・定量的に検証します。

戸越公園環境施設の活用における SGDs の意識向上に関する研究

研究代表者:立正大学 心理学部 教授 小澤康司

連携研究者・協力者:
(有)ラウンドテーブルコム 代表取締役 柳沢富夫
とごゑの会 代表 杉本将輝
立正大学 経済学部 講師 小林隆史

研究全体統括:心理学部 小澤康司

  • ProjectA :品川区富士見中学校での SDG ワークショップ
    Project 責任者: (有)ラウンドテーブルコム 柳沢 富夫氏
  • ProjectB: 岩手県岩手郡岩手町(2020年度 SDGs未来都市認定)でのイベント開催 
    Project 責任者: (有)ラウンドテーブルコム 柳沢富夫氏
  • ProjectC: 品川区(戸越公園)を中心とする市民向けイベント 
    Project 責任者:「とごゑの会」 杉本将輝氏
  • ProjectD: SDGS 可視化システム&データ分析
    Project 責任者: 立正大学 経済学部講師 小林隆史 氏 
    研究協力先: (株)XSELL  瀬戸山七海 氏
  • SDGsに関わるイベント&ワークショップの開催
  • イベント&ワークショップ前後での意識の変化を定量化(定量化手法の開発)
  • イベントの参加頻度など環境活動の参加等による意識の変化の「見える化」&効果検討
  • SDGs可視化システム&データ解析は、ProjectDが担当する

岩手町SDGs未来都市共創プロジェクト「未来の教室」

2021年度より3年間の予定で、岩手町SDGs未来都市共創プロジェクト「未来の教室」に(有)ラウンドテーブルコムが参画することになりました。

(有)ラウンドテーブルコム サステナビリティ推進室は、国際的学習プログラム研究員会で培ったボトムアップ型SDGsプロジェクト支援活動として岩手町の教育現場で様々なワークショップを提供していきます。

岩手町役場の担当部署は未来創造課と政策アドバイザー、コンサルティング会社(株)シンカも支援体制に入っています。

また、岩手町では(有)ラウンドテーブルコムの開発したSDGsアクティブ・ローカル・ポイント・システム「L-TanQ」の目指す世界にも注目しています。SDGsの見える化を教育現場が中心となり、市民や企業、自治体を巻き込んだプロジェクトを生み出す世界です。町長と教育長に対してプレゼンテーションを行っています。

どんな動きが生まれるか楽しみです。

未来の教室

SDGsからの学び高校生の企業連携プログラム(琵琶湖を通じてSDGsを学ぼう)

SDGsプロジェクト名: SDGsからの学び高校生の企業連携プログラム(琵琶湖を通じてSDGsを学ぼう)

組織名:正則学園高等学校

投稿者:本川 太郎

役職名、部署:特活指導主任

対象学年:高校1年生~高校3年生

プロジェクト概要:
本学園の行うSDGsからの学び高校生の企業連携プログラムは、企業の皆さまと共にSDGsの問題意識を共有し、探求活動や取組みに発展させ持続的に解決に取組むプログラムです。参加生徒16名は、コクヨ株式会社、近畿日本ツーリスト首都圏の皆さまにご協力いただき様々なアプローチでSDGsの学びの機会を設けていただいています。その中でコクヨReEDEN Projectへの参加は、株式会社コクヨ工業滋賀の長期にわたる琵琶湖の環境保全活動への取組みを学ぶことができ、遠隔地にある本学園で何ができるのかを考えることにも繋がると考えます。また、実際に2月実施の琵琶湖葦狩りへ参加することで、地域一体となった環境保全活動とは何かについても学んでもらいたいと考えます。

プロジェクト期間:2019年6月~2020年3月

SDGs目標:6, 12, 14, 15, 17

プロジェクト成果物:コクヨ工業滋賀工場見学・滋賀研修(宿泊)から2020年2月に実施されるコクヨReEDEN Projectの琵琶湖葦狩りへの参加。

SDGsを通して日本と世界を考える

SDGsプロジェクト名: SDGsを通して日本と世界を考える

組織名:海星学園

投稿者:白石太史

役職名、部署:高校2年学年主任

対象学年:高校2年生

プロジェクト概要:
予算は不明。参加人数は387名
SDGsを通して日本や世界が抱える問題点を知り、2030年までにどのような手段で解決するのかを発表させたいと考えています。例えば、私たちの学校がある長崎県。長崎市は昨年人口流出が2376人と全国ワースト1位でした。この現状を打開する為にどのような目標を立て行動するのか。このことはSDGsの11にあてはまりますし、また8や1にも関わることです。また被爆地でもあり、16の目標なども身近に感じることができます。さらに本校は来年3月に修学旅行を予定しています。コースは北海道とシンガポール・マレーシアを予定していますが、北海道の豊かな自然や異文化交流のなかにも沢山題材があるので、これらの中からテーマを定め、プロジェクトを進めていきたいと考えています。

プロジェクト期間:半年(延長する可能性あり)
2学期からスタートしたいと考えています。

SDGs目標:1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17

プロジェクト成果物:グループ学習をし、その成果をまとめ、ポスターセッションをさせたいと考えています。

SDGs

SDGsプロジェクト名: SDGs

組織名:関西学院千里国際中高等部

投稿者:米田謙三

役職名、部署:教諭

対象学年:
ビジネスモデル×SDGs 高校3年
身近なことからSDGs 中2、中3
オリパラ×SDGs 高校1年

プロジェクト概要:
ビジネスモデル×SDGs
 CNNさんに協力いただき CNNニュースの英語版を使ってテーマ設定をしてモデルプランを企画します。(高校)
身近なことからSDGs
 中学2年生でSDGsを知り
 自分たちができることへとつなげる
 企画書などを作成して、中3でアクションにうつす。
オリパラ×SDGs
 パナソニックさんに協力いただき
 オリンピック、パラリンピックを題材に SDGsを考える。国際理解や人権問題まで幅広いトピック(高校)

プロジェクト期間:それぞれ 約半年

SDGs目標:1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17

プロジェクト成果物:アクションプラン、論文など

ちよだSDGsプロジェクト

組織名:武蔵野大学附属千代田高等学院

投稿者:荒木貴之

役職名、部署:校長

対象学年:中学校3年生から高校3年生

プロジェクト概要:
国連グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワークの正会員として、340名の生徒、40名の教職員が、全校体制でSDGsの普及啓発推進の活動をしています。大学附属校として、武蔵野大学工学部と連携したSDGs12と関連した「都市鉱山プロジェクト」や、他校生徒会へ呼びかけてのSDGs勉強会の開催など、活動は多岐にわたっています。

プロジェクト期間:2017年11月以降

SDGs目標:4

プロジェクト成果物:2019年12月、「エコプロ2019 持続可能な社会の実現に向けて」でブース発表の予定

共に創ろう 持続可能な社会 〜SDGsは世界につながるパスポート〜

開催日時:2019年2月16日(土)午後1時〜4時

会場:立正大学 4号館1階411教室 ※立正大学 正門よりご入場ください

〒141-0032 東京都品川区大崎 4-2-16
JR 大崎駅、JR&都営浅草線五反田駅から 徒歩 5 分 東急池上線大崎広小路駅から 徒歩 2 分

定員:70 名 (申込先着順・参加費無料)

内容:

  1. SDGs とは((株)NTT DATA経営研究所)
  2. 企業の SDGs 取組事例 (東洋製罐グループ、花王(株)生活者研究センター)
  3. 新聞記事を活用した SDGs ワークショップ ((株)朝日新聞社)
  4. SDGs のこれから(SDGs アクティブローカルポイント システム「L-TanQ」の紹介)

主催:(有)ラウンドテーブルコム SDGs ポイント研究所@ジャパン
共催:RisVo(立正大学ボランティアサークル)、未来協育推進機構
協力:一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、(株)朝日新聞社、東洋製罐グループ、(株)NTT DATA経営研究所、国際的学習プログラム研究委員会、BigWave、ゴタンダスタイル、しながわお笑いフェス、積才房(同)
協賛:花王(株)生活者研究センター
後援:品川区

参加お申し込みはこちらから