SDGsを通して日本と世界を考える

SDGsプロジェクト名: SDGsを通して日本と世界を考える

組織名:海星学園

投稿者:白石太史

役職名、部署:高校2年学年主任

対象学年:高校2年生

プロジェクト概要:
予算は不明。参加人数は387名
SDGsを通して日本や世界が抱える問題点を知り、2030年までにどのような手段で解決するのかを発表させたいと考えています。例えば、私たちの学校がある長崎県。長崎市は昨年人口流出が2376人と全国ワースト1位でした。この現状を打開する為にどのような目標を立て行動するのか。このことはSDGsの11にあてはまりますし、また8や1にも関わることです。また被爆地でもあり、16の目標なども身近に感じることができます。さらに本校は来年3月に修学旅行を予定しています。コースは北海道とシンガポール・マレーシアを予定していますが、北海道の豊かな自然や異文化交流のなかにも沢山題材があるので、これらの中からテーマを定め、プロジェクトを進めていきたいと考えています。

プロジェクト期間:半年(延長する可能性あり)
2学期からスタートしたいと考えています。

SDGs目標:1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17

プロジェクト成果物:グループ学習をし、その成果をまとめ、ポスターセッションをさせたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です